借入の限度額はどうやって決まる?

借入の限度額は、信用の高さで決まると言って良いでしょう。信用が高い人ほど、最初から有利な条件で借りることができます。公務員や大企業の正社員などは、安定して高い収入を得られることが期待できることや、所属している役所・会社が信頼できるところなので、借入審査ではかなり有利になります。銀行の場合には、給料の振込口座としていると、信用があります。例えば、その銀行の普通預金口座に毎月30万円くらいが振込みされていて、夏と冬には60万円ずつのボーナスが振り込まれているという記録があれば、銀行は「この人は安定した収入を得ている」と判断するでしょう。毎月30万円の給料が、31万円、32万円というように、年々アップしていっていれば、仕事が順調にいっているということが感じられるので、さらに有利になるでしょう。安定して給料を得ているということ以外では、過去の金融商品の利用実績も重要になります。

例えば、クレジットカードの支払いで延滞を繰り返しているような人は、約束通りに支払いができない人というイメージがもたれるでしょう。いくらお金を持っていても、約束通りにお金を支払ってくれない人は、信用されません。ブラックリストにのっている人は、お金を借りることはかなり難しくなるでしょう。借入の限度額は最初は50万円くらいになるという意見もありますが、いきなり100万円以上になることもあります。例えば、住宅ローンを契約している人などは、すでに信用がありますので、最初から高い限度額のカードローンを契約できることもあります。最初は50万円くらいになったとしても、その後延滞をせずに良好な利用を続けていれば、信用は上がっていきます。新規で契約をした時には限度額が50万円だったが、3年後には120万円くらいにまで上がっていたということは、よくある話です。金融機関によって判断の基準が異なるということも重要です。複数の金融機関を比較してみましょう。

Categories: 未分類