おまとめローンを比較検討する

おまとめローンとは多重債務者が債務を1本化するために利用するローンのことです。銀行系カードローンを利用するものと専用サービスを利用するものの2種類に分類することができます。銀行系カードローンは貸金業法の適用を受けないため総量規制の対象外です。また用途も問われないため、どのような目的のためにも利用することができます。さらに銀行系カードローンには比較的金利が低いという特徴があります。総量規制の対象となる消費者金融系や信販会社系のカードローンでは、消費者の年収の3分の1を超過する融資を行うことができません。一方銀行系カードローンでは融資額の上限に法的な制限が存在しないため、おまとめローンとして活用することができます。一般的な銀行系カードローンでは融資額に10万円から1000万円の限度を設定しています。金利も10%以下とされている場合があるため、債務の1本化に最適です。一方銀行系以外のカードローン会社では総量規制の対象となるため、多額の多重債務を1本化する目的で利用することは難しくなりますがおまとめローンという特別なローンが利用できる場合があります。

非銀行系のカードローン会社が提供するおまとめローンサービスは、借り手に一方的に有利な借り換えに該当するため総量規制の例外とされます。そのため年収の3分の1を超過する融資を行うことができます。おまとめローンの活用により返済日を1つにすることができ、複数の債務に対応していた場合と比較して返済の手続きが容易になります。また一般的に金利が下がるため返済総額が減少します。債務整理を行う場合には信用情報機関に登録されることになりますが、おまとめローンであれば登録されることがなく信用情報に傷が付くことはありません。一方で融資額が大きくなることから審査は厳格に行われます。非銀行系のカードローン会社では、アコム、プロミス、アイフルなどがおまとめローンサービスを提供しています。融資限度額は300万円が一般的ですが、プロミスの場合には500万円まで融資を受けることができます。(おまとめローン おすすめ

Categories: 未分類